2006年03月21日

8 Mile

060321.jpg


【今日の言葉】
あらゆる瞬間にチャンスがある――

(2002年 映画『8 Mile』)


この言葉だけを思って、
毎日働いています。
posted by ぺい at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

パッチギ

060312.jpg

【今日の言葉】
生まれた場所より、生きてる場所やろ。 
誰かが線を引いたなら、俺らが線を消してやる。


(2005年映画『パッチギ』)


こんな言葉を言えるくらい、
強い意志を持った人間になりたい。


posted by ぺい at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

らくだの涙

060303.jpg


【今日の言葉】
泣いたら
やさしくなれた


(2003年 映画『らくだの涙』)


オレが最後に泣いたのは、
前の会社を辞める際に
開いてもらった送別会のとき。


「やさしくなれた」というより、
「素直になれた」感じだったな。


最近、そんな前の会社の人と
いっしょにご飯を食べに行きました。
そのときの模様は、Little Laugh
書いています。
posted by ぺい at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

子ぎつねヘレン

060226.jpg
【今日の言葉】
忘れない――。
あの春、かけがえのない友達と出会ったことを。


(2006年 映画『子ぎつねヘレン』)


去年の今頃、
いぬのえいが』のマリモ
泣かされかけました。

今年の3月は、
この映画のへレンに
泣かされるかもしれません。

動物系の映画って、
観終わったあと、
やさしい気持ちになれるから
いいですね。
posted by ぺい at 03:45| Comment(0) | TrackBack(22) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

いぬのえいが

060220.jpg

【今日の言葉】
笑ったぶんだけ、楽しくなれる。
泣いたぶんだけ、優しくなれる。


(2005年 映画『いぬのえいが』)


これ、1年ほど前に観ましたが、
ラスト10分、言葉で泣かしにくる映画です。

オレもいぬを飼っていたら、確実に泣いてました。

「ねえ、マリモ」から始まる、
愛犬を亡くした少女と、亡くなったいぬのやりとり。
思い出すだけで・・・涙腺ピンチです。



少女 
「ねえ、マリモ」
「私がはじめて会ったとき、
 あんなに小さかったのに、
 壊れてしまいそうだと思っていたのに、
 泣き虫の妹だと思っていたのに」
「どうして私より先に年を取るの?」
「おばあちゃんになっちゃうの」
「どうして」「どうして」

「どうして犬なんて飼ったんだろう」
「飼いたいって言ったんだろう」
「こんなにこんなに悲しい思いするのに」
「犬なんて飼わなければよかった」…


マリモ 
「ねえ、美香ちゃん、そんなに悲しまないで」
 とっても幸せだったから。」
「美香ちゃんはいつまでも頼りになるお姉さんだよ」
「美香ちゃんとおしゃべりはできないけど、
 一言でも話せたらこう話すの。
 あのね、あのね・・・愛してくれてありがとう」

・・・たまらん。





posted by ぺい at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

博士の愛した数式

060219.jpg


【今日の言葉】
ぼくの記憶は
80分しか
もたない


(2006年 映画『博士の愛した数式』)

オレの記憶も、
爺さんじゃないのに、
あまりもたない・・・。

この映画、
なかなか評判いいので、
観に行きたいです。
posted by ぺい at 01:52| Comment(2) | TrackBack(20) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

エターナル・サンシャイン

060212.jpg


【今日の言葉】
“さよなら”の代わりに記憶を消した――

(2005年 映画『エターナル・サンシャイン』)


今日は『コーラス』と、
『エターナル・サンシャイン』をDVDで観ました。


『コーラス』
ただただ、少年たちの声に癒されてました。

『エターナル・サンシャイン』
忘れたい人との思い出を消せることができる、
というストーリーに、混乱しながらも、
なんとか楽しむことができました。

・・・消されませんように・・・。



posted by ぺい at 02:18| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

コーラス

060205.jpg


【今日の言葉】
涙がこぼれそうなとき、歌があった。

(2005年 映画『コーラス』)


オレの涙がこぼれそうなときの支えは、
彼女、両親、友人。
いわゆる『人』です。

自分一人じゃなにもできないことを実感し、
自分を支えてくれるみんなに感謝します。
posted by ぺい at 01:26| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

オリバー・ツイスト

060204.jpg


【今日の言葉】
オリバー9才
孤独だけが友達だった。


(2006年 映画『オリバー・ツイスト』)


ぺい24才
仕事だけが生甲斐だった。

とかなりませんように・・・。
posted by ぺい at 03:53| Comment(2) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

バタフライ・エフェクト

060129.jpg


【今日の言葉】
きみを救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。

(2005年 映画『バタフライ・エフェクト』)


いつも映画をほとんど観ずに、
キャッチコピーばかり
取り上げていたオレ。

今日、たまたま観たこの
バタフライ・エフェクトは、
久しぶりにすっきりする
エンディングの映画でした。

ほんとに何度も過去に戻って、
最後は切ないハッピーエンド。

街ですれ違う2人の姿が印象的でした。
posted by ぺい at 04:51| Comment(3) | TrackBack(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

プライドと偏見

060119.jpg


【今日の言葉】
男はプライドを捨てられない。
女は真実が目に入らない。


(2006年 映画『プライドと偏見』 チラシ抜粋)


このキャッチコピー、
うちの両親の夫婦ゲンカにぴったり・・・。

げんなり。
posted by ぺい at 02:08| Comment(2) | TrackBack(11) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

私の頭の中の消しゴム(2)

051207.jpg

【今日の言葉】
死より切ない別れがある。

(2005年 映画『私の中の消しゴム』 チラシ)


生きていれば、会えるのだから、
死より辛い別れはない。

そんな気持ちになった、今日のお通夜。

「切ない」と「辛い」は違う。
「切ない」は、なんか曖昧。
「辛い」は、すごい明確。

「辛い」経験が、人を悲しませ、強くする。




私の頭の中の消しゴム(1)




posted by ぺい at 01:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

スタンドアップ

060116.jpg

【今日の言葉】
私なんか、と何度も思った。
お前なんか、と何度も言われた。
それでも、立ち上がってみようと思った。


(2006年 映画『スタンドアップ』 チラシ)


がんばろ!って思うとき、
必ず自分を支えてくれる、何かがあります。
それが人でも、夢でも、言葉でも。

オレは、人派。



posted by ぺい at 00:34| Comment(4) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

シークレット ウインドウ

060107.jpg


【今日の言葉】
なぜ追われる、
なぜ終われない。


(2004年 映画『シークレット ウインドウ』チラシ)


ある作家が、謎の男に
盗作疑惑で追われるお話。


この言葉をオレの生活に置き換えてみると

なぜ(こんなに仕事に)追われる、
なぜ(終電時間内に)終われない。



なぜかを考えてみると

要領が悪いから、
仕事がたまって帰れない。


実に理由は明確でした。
posted by ぺい at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

チキン・リトル

060103.jpg


【今日の言葉】
「なにがあっても、
  僕が君を守ってあげる」…


(2005年 映画『チキン・リトル』チラシ)


「チキン・リトル」っていう、
弱さにダメ押しをした名前に惹かれて、
日本語吹替版を観てきました。

「誰かを守る話」というよりは、
「親子のキズナの話」という感じ。

映画館での様子は、Little Laughに書いています。

posted by ぺい at 02:20| Comment(8) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

のび太の恐竜 2006

060102.jpg


【今日の言葉】
君がいるから、がんばれる。

(2006年 映画『のび太の恐竜 2006』チラシ)


予告篇だけ観たけど、
子供を楽しませるだけじゃなく、
大人を泣かせようとしている気がします。

この映画も、『守るべきものがある人』のお話。
のび太がちっちゃい恐竜を守ってます。


posted by ぺい at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

男たちの大和 YAMATO

051230.jpg


【今日の言葉】
―もう会えない君を、守る。―

(2005年 映画『男たちの大和 YAMATO』チラシ)


守るべきものがある人、
失うものが何もない人、
どっちが強いのかな。

この映画は、前者のお話。
posted by ぺい at 02:48| Comment(4) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

ロード・オブ・ドッグタウン

051228.jpg


【今日の言葉】
「20年後も、僕たちの夏休みは続くと思っていた―。」

(2005年 映画『ロード・オブ・ドッグタウン』チラシ)


結局、
『夏休みが子供から大人への第一歩』
ってことなのかな。

映画観てないから分からないけど。





posted by ぺい at 02:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

皇帝ペンギン

051218.jpg


【今日の言葉】
また必ず会える

氷に囲まれた南極の、あたたかな愛の物語

(2005年 映画『皇帝ペンギン』 ポスター)


映画とは関係ないけれど、
もう会えないだろう人に
「またね」
と言うとき、
ちょっと心が痛みませんか?
posted by ぺい at 00:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

あらしのよるに

051213.jpg


【今日の言葉】
それでも ずっと ずっと
いっしょでやんす。


(2005年 映画『あらしのよるに』 チラシ)


オオカミとヤギの友情を描く物語。

違う種類の動物が、
仲良く寄り添っているのを見ると、
やさしい気持ちになりませんか?


それよりなにより、
「でやんす」って言葉を見たとき、
なぜか、「おそ松くん」のイヤミを思い出しました。
イヤミの口癖は「ざんす」だけど・・・。



こういうおバカなお話は、Little Laughにも書いています。

posted by ぺい at 02:21| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。