2007年06月01日

本のない人生なんて

【今日の言葉】
好きな人の好きな本が、嫌いだった。
自分がちょっと好きになった。


(集英社文庫 ポスターより抜粋)



このコピーとは逆に、
嫌いな人が自分の好きな本を読んでたりすると、
ちょっとだけ親近感がわきます。

関係ないけど、
本の貸し借りで芽生える恋愛、
なんてことも学生時代、想像(妄想)したりしました。

さらに関係ないけど、
電車で本読みながら笑いをこらえている人を見ると、
すごくその本の内容が気になります。


本一冊で、いろんな人の、いろんな姿が見えてくる。


本は、偉大だ。
posted by ぺい at 04:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひさしぶり。

つーか、すごいコアな妄想だね。

ちなみにこのコピーはよくわからないなあ。
Posted by だ at 2007年06月02日 19:48
コアかなあ、寝る前の妄想タイムには
欠かせない設定だったんだけどなあ。(言い過ぎ)

このコピーは、

あれ、ワタシ好きな人の好きなものを嫌いと思ってる・・・
結構自分ってものを、自分の意見ってものを持ってんじゃん。
ワタシって意外に、ちゃんとしてるかも。

みたいなことだと思います。(A君風な語り)
Posted by ぺい at 2007年06月03日 05:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。