2006年02月20日

いぬのえいが

060220.jpg

【今日の言葉】
笑ったぶんだけ、楽しくなれる。
泣いたぶんだけ、優しくなれる。


(2005年 映画『いぬのえいが』)


これ、1年ほど前に観ましたが、
ラスト10分、言葉で泣かしにくる映画です。

オレもいぬを飼っていたら、確実に泣いてました。

「ねえ、マリモ」から始まる、
愛犬を亡くした少女と、亡くなったいぬのやりとり。
思い出すだけで・・・涙腺ピンチです。



少女 
「ねえ、マリモ」
「私がはじめて会ったとき、
 あんなに小さかったのに、
 壊れてしまいそうだと思っていたのに、
 泣き虫の妹だと思っていたのに」
「どうして私より先に年を取るの?」
「おばあちゃんになっちゃうの」
「どうして」「どうして」

「どうして犬なんて飼ったんだろう」
「飼いたいって言ったんだろう」
「こんなにこんなに悲しい思いするのに」
「犬なんて飼わなければよかった」…


マリモ 
「ねえ、美香ちゃん、そんなに悲しまないで」
 とっても幸せだったから。」
「美香ちゃんはいつまでも頼りになるお姉さんだよ」
「美香ちゃんとおしゃべりはできないけど、
 一言でも話せたらこう話すの。
 あのね、あのね・・・愛してくれてありがとう」

・・・たまらん。





posted by ぺい at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワタシこれ、映画館で観ましたよ。
パグさん出てたから。(←パグフェチ)
泣くのは判ってたのよ。
だからね、ハンカチ(タオル地)2枚持っていったけどね。
・・・足りなかった。
バスタオルが必要な映画だったよ。
獅童くんと柴犬の話泣いた。
マリモは、反則でしょー!
あれで泣かない犬飼いはいないよ〜。

映画終わって、トイレに行ったら、
並んでる人がみんな目が真っ赤でおかしかったワン。

Posted by ayu at 2006年02月20日 13:33
オレも映画館で、やばかったです。
でもなんも飼っていない分、涙こらえることができた。

・・・絵本もなかなか、くるよ、ぐっと。
Posted by ぺい at 2006年02月26日 03:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。