2006年07月30日

クラッシュ

060730.jpg

【今日のキャッチコピー】
人はぶつかりあう。
人は人を傷つける。
それでも、人は、人を愛していく。


(2006年 映画『クラッシュ』)



このキャッチコピー、
とっても当たり前のことを言ってるけれど、
やっぱ、当たってるなあ、なんて、
隅田川の花火大会見ながら思ったり、思わなかったり。


夏は、恋の季節というより、
恋が動く季節かも。


・・・ムズカシイネ。

posted by ぺい at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

学生は、もう夏休み

【今日のキャッチコピー】
「夏休みの友」は、夏休みの敵だ。 

(2006年 楽天トラベル 新聞広告)



小学校の頃、毎年ホントに敵だと思ってました。

それ以外にも、

日記がキライ。(絵がヘタだから)

自由研究がキライ。(実験が苦手だから)

朝顔の観察がキライ。(いつの間にか枯れちゃうから)

要するに、宿題は、全部キライ。


あっ、ラジオ体操も行ってませんでした。


今1ヶ月休みが与えられたら、何するだろう。

ちょうどリゾート関係の広告を今つくってるから、

モルジブとか、タヒチとか、楽園的ビーチに行きたいな。


でも、行ったら二度と、帰ってこないだろうな・・・。
posted by ぺい at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記&言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

ミラコロ

060727.jpg

【今日のキャッチコピー】
大人は泣かない、と
思っていた。


(2006年 小説「ミラコロ」 新聞広告)



オレも小さい頃、
大人は絶対泣かないものだと
信じてました。

だから、初めて母親の泣き顔を見たときの衝撃は、
ホント、大きかったです。

得体の知れない何かが、
オレの心の中でガラガラガラ〜っと、
崩れていった感じでした。


あれは確か、父親が夜酔っ払って帰ってきて、
家の鏡を割ったときだったなあ・・・。

朝起きると、母親がひざまずいて泣いていて、
鏡の破片が飛び散っていて、
父親が謝っていて・・・。

小学生のオレにとって、
センセーショナル過ぎる光景でした。


ちなみに数年後、母親から聞いた話ですが、
鏡を割った夜、父親はパンツ一丁で右手を掲げながら
意味不明なことを大声で唱えていたそうです。


・・・寝ててよかった、マジで。
posted by ぺい at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記&言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

お父さん

【今日のキャッチコピー】
「『どこか行きたいねー』と父はいつも言うだけ。」

(2006年 楽天トラベル 新聞広告)




うちの父親は家族に対して、

昔から「どこへ行きたい」とか、「これをしよう」とか、

提案することはありません。



息子のオレやに対しても、

「あそこへ進め」とか、「これをしろ」とか、

将来を指図することもありませんでした。



でも、広告業界に就職したオレや、

家具業界に就職した弟の机の上に、

それぞれの業界に関係する

新聞の切抜きを置いて言ったりします、無言で。



オレにしゃべりかけるときも、

ムリして広告の話をしてきたりします。



照れ屋、父親。
posted by ぺい at 02:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記&言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

シュガー&スパイス

060725.jpg

【今日のキャッチコピー】
女の子はね――シュガー&スパイス。
優しいだけじゃ駄目なんだよ。


(2006年 映画『シュガー&スパイス』)



どうもオレの知ってる女の子は、
スパイスが効きすぎているような気が・・・。
シュガーが、足りない。


関係ないけれど、この映画の主演である柳楽君、
ジャニーズの今井翼君に激似です。
posted by ぺい at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

デキる社会人になるために

【今日のキャッチコピー】
文句を言うより、
意見を言おう。


(1999年 集英社 新聞広告)



仕事でも、私生活でも、
これはなかなかムズカシイ・・・。

意見に少しでも感情が入ると、
あっという間に文句になっちゃうから。
posted by ぺい at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

東京フレンズ

060720.jpg

【今日のキャッチコピー】
一番最初に描いた夢を、
  私は今も、覚えてる。


(2006年 映画『東京フレンズ』)




この頃、将来のことを考ると、ちょっと不安。


そんなとき、こういうキモチ大事なんだなって、

ちょびっと思ったり。


夢を、夢で終わらせてたまるか。


posted by ぺい at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

ハチミツとクローバー

060714.jpg


【今日のキャッチコピー】
恋をした。それだけのことなのに、世界はまぶしい。

(2006年 映画『ハチミツとクローバー』 新聞広告)



恋をしている人は、
頭の中で描いている
想像の物語に没頭しているから。


とっても純粋で、とっても愚かなのかもしれません。


メールの着信1件で、恐ろしく喜んだり(保存しちゃったり)、
なにげない一言で、破壊的に落ち込んだり(泣いちゃったり)。



さあ、夏は、恋の季節です。

posted by ぺい at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

真昼ノ星空

060713.jpg


【今日のキャッチコピー】
ごめんね。
誰かを愛して傷付くのは、
もう二度と嫌だから。


(2006年 映画『真昼ノ星空』)




こんな言葉が出ちゃうほど傷付いたこと、
オレはまだありません。

強いて言えば、ふられる夢を
みるくらいかな・・・。

できればこのまま傷付かずに
過ごしていきたいものです。


posted by ぺい at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

悩むべきこと

【今日のキャッチコピー】
本来学生は
ケータイ代
ではなく、
恋や将来に
悩むべきである。


(2006年 KDDI『au ガク割』 ポスター)



学生時代、ケータイ代に悩むことは
ほとんどありませんでした。

どんなに多くても、4000円台を
超えることはなかったから。

その分、恋にはちょっとだけ悩んだ時期もあった。
でも、将来に悩んだことは、ほとんどなかったな。

ハチャメチャな進路希望を先輩に打ち明けて止められたり、
ぬるい進路希望を親に伝えて、一蹴されたことはあったけど。

つまり、自分の人生について、
そんなにマジメに考えていなかったってこと。


社会人3年目となった今でも、
恋や将来に悩む必要がありそうです。


posted by ぺい at 03:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

カーズ

060702.jpg

【今日のキャッチコピー】
大切なことに気づくと、
どうして涙が出るのだろう?


(2006年 映画『カーズ』 新聞広告)



試写会で観ました。

ちっちゃい子が多かったけど、

内容はちょっと大人向けだったような。


映画観終わってから、

家に帰るまでの間、

道路を走っているクルマが

全部生きているように見えて

大変でした。

posted by ぺい at 01:02| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

真心

【今日のキャッチコピー】

本気の真心は、
ときどき、人
を傷つけます。



(2002年 真心ブラザーズ ポスター)




「本気の真心が人を傷つけるとき」を考えてみる。

ふられた相手が、すごいやさしくしてくれたとき、とか・・・?

一方的に責めてた相手に、心から謝られたとき、とか・・・?



あっ、学生のとき、モンゴル800の歌の中にある、


人に優しくされたとき 自分の小ささを知りました


って歌詞が、オレの心にグサッと刺さったこともあったなぁ。



とにかく、真心は、人の心を動かします。

いい意味でも、悪い意味でも。
posted by ぺい at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。